ハワイのコワーキングスペースおすすめ5選|ワーケーションに便利!

ハワイのコーワーキングスペースおすすめ

皆さんは、ハワイでコワーキングスペースを利用したことがありますか?

最近、ハワイでもコワーキングスペースやシェアオフィスが増えてきました。

コワーキングスペースなら机やインターネット環境が整っている上、静かな空間では自然と集中力が高まります。もちろん、プロジェクターやスクリーンが備わっている部屋もあるので、会議やプレゼンテーションにも利用できます。

今回は、ハワイ(ホノルルエリア)にあるコワーキングスペースおすすめ5選を紹介します。

ハワイでワーケーションを予定している方、ハワイ滞在中でも集中して仕事をしたい方はぜひチェックしてみてください!

CONTENTS

ボックス・ジェリー(BOX JELLY)


まずはじめにおすすめしたいのは、カカアコの手前ワードエリアにある「ボックス・ジェリー」。

明るく開放的なコワーキングスペースには、ハワイらしい観葉植物やアートがたくさん置いてあり、とてもおしゃれ。居心地が良く、作業がはかどります。

コーヒーショップ「トライ・コーヒー」やキッチン、サーフボードレンタル、シャワーも備わっており便利。

コーヒーショップは、本格的なコーヒーと美味しいペストリーやマフィンを味わえると大人気です。仕事中に小腹が空いたら、すぐにコーヒーとおやつをいただけるのが嬉しいですね。

イベントスペースもあり、夕方以降はミュージックライブなどが開催されることもあります。気になる方はイベント情報もチェックしてみてくださいね。

1デイパスからプライベートルーム、固定デスクなどさまざまなプランが用意されています。短期滞在にはデイパスがおすすめ。

基本情報
1200 Ala Moana Blvd 2nd Floor, Honolulu, HI 96814
GoogleMAPで見る
09:00~18:00
定休日:土・日
・1日デイパス:29ドル
・5日デイパス:100ドル
・マンスリー:299ドル
808-769-6921
theboxjelly.com

ハブ・コワーキング・ハワイ(Hub Coworking Hawai‘i)


ハブ・コワーキング・ハワイ」は、地元の起業家たちをサポートしているコミュニティ。

ワイキキのインターナショナル・マーケットプレイスとワードエリアのホールフーズ向かい側の2箇所にあります。どちらも便利なロケーションに位置しているのが嬉しい。

ワイキキの方は常に空いており、いつ行っても2〜3人しか利用している人がいません。ワードエリアの方は、いつもロコで賑わっている印象です。

パソコンに向かう人々を見ているとやる気が高まりますよ!

ワードエリアであれば、お腹が空いたらすぐにホールフーズで軽食を買えるのが便利。もちろんハブにおいても無料でコーヒーや紅茶がいただけたり、ローカル昆布茶も飲み放題。ミニキッチンもあり冷蔵庫も使用可能です。

シャワールームやサーフボードストレージも完備しており、サーフィン帰りに立ち寄ることもできそう。

プランはさまざまですが、短期滞在者に嬉しい2デイパスはセットアップ費用なし。マンスリーはセットアップ費用が5ドルかかります。ほかにも、追加料金でボードルームやワークショップルームも借りることが可能。

基本情報

ワードエリア

1050 Queen St Suite 100, Honolulu, HI 96814
GoogleMAPで見る
02:00~00:00
・2デイパス:75ドル
(使用期限:30日以内)
・マンスリー(月2回ブラン):50ドル
808-664-3306
hubcoworkinghi.com

ワイキキ

2330 Kalākaua Ave Suite #248, Honolulu, HI 96815
GoogleMAPで見る
02:00~00:00
・2デイパス:75ドル
(使用期限:30日以内)
・マンスリー(月2回ブラン):50ドル
808-664-3306

 アントレプレナーズ・サンドボックス・ハワイ(Entrepreneurs Sandbox Hawaiʻi)


次もカカアコにある「アントレプレナーズ・サンドボックス・ハワイ」。先ほど紹介した、ハブ・コワーキング・ハワイのパートナーです。カカアコ・ファーマーズマーケットの開催場所付近に位置します。

コワーキングスペースはもちろんのこと、イベントやワークショップなどのイベント会場としても使用されています。

ハワイのテクノロジー産業の成長を後押しする設備や環境が整っているのが魅力だそう。

館内は吹き抜けになっていて、壁一面の窓から差し込む光で明るい空間が広がります。2階にはイートインスペースやミニキッチンがあり、インスタントコーヒーや紅茶(ティーバッグ)を無料でいただくことができます。

プランは、2デイパスからマンスリープラン(アンリミテッド・スターターなど)と用途によって選択が可能。そのほか、カンファレンスルームやプライバシーブースも追加料金で予約することができます。

基本情報
643 Ilalo St, Honolulu, HI 96813
GoogleMAPで見る
09:00~16:30
定休日:土・日
・2デイパス:75ドル
(使用期限:30日以内)
・マンスリースタータープラン:50ドル
808-784-4061
sandboxhawaii.org

ワク/ワーク・ハワイ(Waku/Work Hawaii)


ワク/ワーク・ハワイ」はダウンタウンにあるコワーキングスペース。館内はウッド調&オレンジの優しいライトでとても明るい雰囲気です。

観葉植物も多く、快適な空間が広がります。無料のコーヒーもいただけるのが嬉しい。フォンブースやレンタルミーティングルームも完備しています。

ダウンタウンは、ハワイ行政の中心地でビルが連なるオフィス街。ユニークなダウンタウンエリアを訪れるついでに、コワーキングスペースも体験してみてはいかが?ハワイの起業家たちに出会えるかもしれませんね。

1デイパスは25ドル+税とかなりお得。利用時間は8〜18時。ミニマム3ヶ月〜のマンスリープランなら24時間いつでも利用することが可能です。

基本情報
1136 Union Mall 4th Floor, Honolulu, HI 96813
GoogleMAPで見る
24時間営業
・1デイパス:25ドル+tax(08:00~18:00)
808-723-0553
wakuworkhawaii.com

ワイワイ・コレクティブ(WaiWai Collective)


ハワイ大学マノア校まで徒歩20分、モイリイリエリアに位置するのが「ワイワイ・コレクティブ」。

地元のアーティストや起業家のサポートに力を入れている、ハワイ先住民の起業家グループが運営しています。

ハワイの伝統・文化を現代に引き継ぐことやコミュニティのつながりに重点を置いており、コワーキングスペースのほか夕方以降はカルチャーイベントスペースとしての利用も多いそう。

館内はモダンでスッキリしたインテリアが素敵で、落ち着いて仕事ができる空間が広がります。

1デイパス、3デイパス、5デイパス、マンスリープランから選べ、学割やシニア割あり。

基本情報
1110 University Ave, Honolulu, HI 96826
GoogleMAPで見る
08:30~16:30
定休日:土・日
・1デイパス:10ドル
・3デイパス:25ドル
・5デイパス:45ドル
・マンスリーアンリミテッド:125ドル
808-892-1813
waiwaicollective.com

最後に

今回は、ハワイ(ホノルルエリア)にあるコワーキングスペースおすすめ5選をご紹介しました。いかがでしたか?

滞在しているホテルやコンドミニアムで仕事をするのもいいですが、たまにコワーキングスペースを利用すると良い気分転換になりますよ。

筆者もハワイ滞在中はコンドミニアムで仕事をすることがほとんどですが、時々コワーキングスペースを利用しています。自分以外の仕事をしている人を見ると、自然とやる気と集中力が高まり仕事がはかどります。

ハワイでワーケーション予定の方や、滞在中に急に仕事をしなければいけなくなった方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしておりますが、正確性および安全性を保証するものではありません。情報が古くなっている場合もございます。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただけますと幸いです。

  • URLをコピーしました!
CONTENTS