ハワイ旅行におすすめのレンタルWi-Fi5選【2024年版】徹底比較!

ハワイ旅行におすすめポケットWi-Fi5選

ハワイ旅行の際には「Wi-Fiはレンタルした方が良い?」「どのWI-Fiレンタルがおすすめ?」などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

まず、レンタルWi-Fiはハワイ旅行の必需品!

「散策中にアプリのマップで行き先を調べたり、お店を探したい」「国内と同じようにサクサクネットを使いたい」なら、ポケットWi-Fiのレンタルが必須と言えます。

今回の記事では、ハワイ旅行のおすすめレンタルWi-Fiを紹介しながら、利用する上での注意点についてもお伝えしていきます。

ハワイ暮らし2年。
現在はハワイと日本を行き来している筆者が、わかりやすくお伝えします。

本記事で紹介している5つのレンタルWi-Fiから自分に合ったプランを選んで、ささっと予約してしまいましょう。ハワイ旅行を十二分に楽しみたい方は必ずチェックしてくださいね!

CONTENTS

ハワイ旅行にレンタルWi-Fiは必要?

ハワイのビーチ

ハワイは一年中多くの観光客が訪れることもあり、フリーWi-Fiスポットがたくさんあります。空港やホテル、カフェ、街中の公衆Wi-Fi「Gohawaii」など。しかし、そのようなスポットは混雑することが多く、通信速度が遅くなることがしばしば。

一番スマホの使用頻度が高いビーチなどの屋外、ワイキキから離れた観光スポットにはフリーWi-Fiがないので非常に不便です。

ハナウマ湾でWi-Fiが使えず、マップで帰りのバスを調べられなくなり、ヒッチハイクしなければいけなくなった友人もいます。

また、フリーWi-Fiスポットではセキュリティ面で不安があります。海外なのでなおさら。データや個人情報を抜き取られる恐れもゼロではありません。

そのようなことから、ハワイ旅行にはレンタルWi-Fiが必須

ハワイ旅行におすすめレンタルWi-Fi5選

それでは、ここからは、ハワイ旅行におすすめのレンタルWi-Fiを5つ紹介します

ALOHA DATA → ハワイ最大手で最安値の有名レンタルWi-Fi

グローバルWiFi → ユーザーにとってとにかく使い勝手がいいレンタルWi-Fi

jetfi バッテリーの持ちが最強のレンタルWi-Fi

海外WiFiレンタルショップ → 使わない日は通信料無料でコストカットできるWi-Fi

エクスモバイル → 現地の回線を利用した高い通信品質が魅力のポケットWi-Fi

おすすめ基準は次の3つです!

  1. 値段は安いか
  2. データ容量は十分か
  3. 受け渡し手続きは簡単か
  4. サポートが充実しているか

ALOHA DATA

アロハデータのレンタルwi-fi
ALOHAデータの特徴
  • 通信量無制限のWiFiレンタル業界最安値
  • 受け取り4日前までならキャンセル無料
  • 国内の空港で受取可能(羽田・成田・中部・関西)
  • 受取は指定の場所に無料でお届け
  • 返却は郵便ポストに投函するだけ
  • ハワイ・ワイキキオフィスでも受け渡し可能

ALOHA DATAはハワイ専用ポケットWi-Fiルーター。

4Gの高速Wi-Fi、700MBの大容量で1日780円はかなりお得ですが、容量無制限の新スーパーアロハデータなら使い放題で1日890円とさらにお得で業界最安値

また、ひとつのルーターに10〜15台まで接続可能なので、友人や家族など大人数でシェアが可能。

受取は、自宅など指定した場所へ無料で配達してくれるため、いちいち空港のカウンターに寄る必要がありません。ワイキキ現地にも店舗があるので、そちらで受け渡しすることも可能

ハワイとは19時間の時差があるので、現地で受け渡しを選択すれば最大2日もレンタル料金を浮かせることできます。

返却も簡単で、レンタル時に同梱されている返却用封筒に備品一式を入れて郵便ポストに投函するだけで完了。ワイキキオフィス返却もOK。

レンタル料金

スクロールできます
通信速度容量 (1日)利用料金 (1日)
[空港]
受取:0
返却:取扱なし

[宅配]
発送:0
返送:自己負担
4G-LTE300MB608円
4G-LTE700MB618円
4G-LTE1GB666円
4G-LTE無制限890円

アロハデータは、大容量なのに1日の料金が安いのが特徴。業界最安値です!現地での受け渡しを選べば、レンタル日数の節約に
筆者の友人も、8割以上がアロハデータをレンタルしていました。

\ 簡単3分でお申し込みはこちら /

グローバルWiFi 

グローバルWiFiのレンタル
グローバルWiFiの特徴
  • 受け取り4日前までならキャンセル無料
  • 24時間サポートあり
  • 国内の空港で受取可能(羽田・成田・新千歳・旭川・仙台・静岡・新潟・小松・中部・関西・伊丹・福岡・北九州・大分・宮崎・鹿児島・那覇)
  • 国内の空港以外でも受取可能(渋谷ちかみち・JR宮崎駅)
  • ハワイ・ワイキキオフィスでも受け渡し可能

海外用レンタルWi-FIで1、2位を争うレベルの人気、知名度、信頼度を誇るのがグローバルWiFi

受取・返却場所は国内16空港2営業所。ハワイ現地のワイキキオフィスでも受取・返却が可能です。空港で受取れない方には宅配での受取・返却サービスもあり。

こちらも現地での受け渡しを選択すれば最大2日間のレンタル料金を節約できます

プランは1日300MBから無制限まで数種類あるので、用途に合わせて選択可能。定額制なので使い過ぎによる多額請求の心配もなし!新しい超高速の5Gプラン有り

また、LINEで24時間対応のサポートへ問い合わせ可能なので、何か困ったことがあったらすぐに相談できるのもポイント◎

レンタル料金

スクロールできます
通信速度容量 (1日)利用料金 (1日)
[空港]
受取:0
返却:0

[宅配]
発送:0
返送:自己負担
4G-LTE300MB970円
4G-LTE600MB1,270円
4G-LTE1.1GB1,470円
4G-LTE無制限2,170円
5G-LTE無制限2,970円

ポケットWi-Fiを受け取れる場所が多いことが最大の特徴。ハワイ現地でも受取・返却ができる点と、24時間体制のカスタマーサポートが◎

\ 簡単3分でお申し込みはこちら /

jetfi

jetfiのレンタルwi-fi
jetfiの特徴
  • 受け取り4日前までならキャンセル可
  • 現地の最適な電波を自動キャッチし安定した通信環境
  • 国内の空港で受取可能(羽田・成田・中部・関西・新千歳)
  • コンビニ・郵便局でも受け取れ業界最多級の受取拠点
  • 返却は受け取り時に同封されているレターパックに入れてポスト投函

jetfiは世界100ヵ国以上の通信エリアをカバーするWi-Fiレンタルサービスで、バッテリー連続稼働時間が業界最大級

通常料金は少し高めに設定されていますが、キャンペーンを利用することでかなりお得になりますよ。

一回のフル充電で、なんと約15時間の連続利用が可能!1日中ハワイを歩き回っても充電が切れることがないので安心です。また、スマホへの給電もできて非常に便利。

最短1日〜レンタルでき、1ヶ月以上の長期利用も可能。長くハワイに滞在する方にもおすすめと言えます。

それから、通話オプションをつけることで、海外から日本へ1日198円で電話がかけ放題。仕事の関係上、日本に電話をかける必要があるという方におすすめのオプションです。

レンタル料金

スクロールできます
通信速度容量 (1日)利用料金 (1日)
[空港]
受取:0
返却:取扱なし

[宅配]
発送:660円
返送:自己負担
4G-LTE350MB572円
4G-LTE500MB572円
4G-LTE1GB785円
4G-LTE無制限1,056円

連続稼働時間が15時間と長いのが最大の魅力!
割引キャンペーンもよく開催しているのでチェックしてみてください。

\ 簡単3分でお申し込みはこちら /

海外WiFiレンタルショップ

海外WiFiレンタルショップ
海外WiFiレンタルショップの特徴
  • 業界初!電源を入れない日は通信料0円
  • ルーター発送前までならキャンセル無料
  • 受け取りは宅配便受取、コンビニ受取、店頭(新宿店)受取が選べる
  • 返却は受け取り時に同封されている返却用封筒に入れてポスト投函

海外WiFiレンタルショップは、「通信料は使った日だけ」「事前受取可能」「ポストに簡単返却」が特徴の世界135カ国で接続できるWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

業界初の電源を入れない日は通信料ゼロ円が特徴。通信料(使った日だけ)+ レンタル料(1日220円税込み)で利用ができ、業界最安値クラスのレンタルWi-Fiとなっています。

例えば、無料Wi-FiスポットやホテルのWiFiを利用して1日中電源を入れなかった場合、通信料はゼロ。自分の使い方次第で通信料を節約できるのが大きなメリット。

受け取りは自宅配送、返却はポスト投函で非常に簡単なのもいいですね。(コンビニ/店頭受け取りも可能)

レンタル料金

スクロールできます
通信速度容量 (1日)利用料金 (1日)
[空港]
受取:取扱なし
返却:取扱なし

[宅配]
発送:1,100円
返送:自己負担
4G-LTE1GB880円
(通信料600円+レンタル料220円)
4G-LTE無制限1,590円
(通信料1,370円+レンタル料220円)

通信料は使った日だけかかるので、使い方次第でお得に利用が可能です!

\ 簡単3分でお申し込みはこちら /

エクスモバイル(WiFiトラベル)

エクスモバイルのレンタルwi-fi
WiFIトラベルの特徴
  • 受け取り4日前までならキャンセル無料
  • 国内の空港で受取可能(羽田・成田・中部・関西)
  • 受け取りは指定の場所に無料でお届け
  • 返却はポスト返却、宅配返却、空港カウンター返却が選べる

エクスモバイル(WiFiトラベル)は現地の回線を利用した高い通信品質で人気。また、日本国内でもWi-Fiが利用できる点がメリットとして挙げられます。

海外用レンタルWi-Fiは渡航先に到着しないと使用できないことがほとんど。エクスモバイルなら日本国内でも利用できるので、飛行機に乗る直前までスマホやタブレットを快適に使えます。

また、モバイルバッテリーと変換プラグの無料貸し出しあり◎

ビーチにいると直射日光の暑さのせいか充電の減りが早いことも。そんなときはモバイルバッテリーがあると安心です。

レンタル料金

スクロールできます
通信速度容量 (1日)利用料金 (1日)
[空港]
受取:1,100円
返却:0

[宅配]
発送:0
返送:自己負担
4G-LTE500MB1,030円
4G-LTE無制限1,150円

日本国内でも利用できるので、飛行機に乗る前も使えて便利。

\ 簡単3分でお申し込みはこちら /

レンタルWi-Fiを使う際に知っておきたいこと

WiFI
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 充電が4時間前後しか持たない
  • 保証オプションに入らなくてもクレジットカードの賠償責任でカバーできるかも

海外用レンタルWi-Fiについてこの3点を知らないと、契約ができなかったり損をしてしまうなんてことも。しっかり確認しておきましょう。

支払いはクレジットカードのみ

海外用ポケットWi-Fiレンタルの支払いは、クレジットカードのみのところがほとんど。

もしクレジットカードを持っていないなら、早めに作っておくようにしましょう。

充電が4時間前後しか持たない

こちらはデメリットになりますが、ポケットWi-Fiの充電は4時間前後しかもちません。朝出かけたら、お昼までもたないんです。

普段利用するモバイルバッテリーで問題ないので、準備しておくと良いでしょう。

また、直射日光の当たるところで使用すると充電の減りが速くなる可能性があります。ビーチに行った際は、スマホやモバイルバッテリーが高温になっていないか要注意。

は15時間の連続利用が可能◎
ALOHA DATAは無制限プランを選択するとモバイルバッテリーが無料でついてくる◎
エクスモバイルはモバイルバッテリーの無料貸し出しあり◎

補償オプションに入らなくてもクレジットカードの賠償責任でカバーできるかも

ポケットWi-Fi申込時に、「盗難補償や紛失補償」のオプションを付けるか迷いますよね。

盗難や紛失の可能性があるのでオプションを追加する人が多いですが、その前にお手持ちのクレジットカードに「賠償責任」の保証が付いていないか確認してみましょう。

海外に持っていくクレジットカードの「賠償責任」の保証があれば、Wi-Fiレンタルの保障オプションに入る必要はありません。

ただし、クレジットカードによっては「賠償責任あり」でも「レンタル品の賠償責任は不可」というものもあるので、注意して規約を確認してください。

規約を読んでもわからなかったら、クレジットカード会社に問い合わせてみましょう。補償オプションも結構お値段しますから、損をしないように!

レンタルWi-FiとSIMカードならどっち?

最近では海外用SIMカードを購入する方法もありますが、設定に手間や時間がかかるなどのデメリットがあり、特に、スマホに不慣れな方や初めてSIMを差し替えるという方にとっては負担が大きいといえます。

そもそもSIMフリーのスマホを用意する必要がありますよね。

そのため、SIMカードの購入よりもレンタルWi-Fiのほうが断然おすすめ!

レンタルWi-Fiなら、基本的には電源を入れるだけで使用することができて操作がとても簡単。

また、SIMカードの場合は旅行者が一人ずつ購入する必要がありますが、レンタルWi-Fiなら1台を複数人でシェアできるので、1日分のレンタル料金を人数分で割った金額が一人分に。そう考えると、かなりお得になりますよね。

レンタルWi-Fiと国内キャリアの海外パケ放題を比較

レンタルWi-Fiと国内キャリアの海外パケ放題、1日あたりの金額と、申し込み手続き難易度(面倒臭さ)を比較します。

金額手続きの難易度
海外レンタルWi-Fi1日700円〜1000円程度少し手間
docomo・au・Softbank1日2000円〜3000円程度簡単

レンタルWi-Fiが断然安いですね!なんと、1日で3倍近くの差があるんです。

「短期の旅行だから1日3000円だけど、楽に手続きができるキャリアでいいかな」という方はそれでもいいかもしれません。

しかし、3日の滞在でポケットWi-Fiに1万円近くお金を出すのって、ものすごくもったいないと思います。。。

ポケットWi-Fiをレンタルするときによくある質問

ここからは、ポケットWi-Fiをレンタルするときによくある質問をまとめてみました。

  • 接続は簡単?
  • Wi-Fiを使用していなくても料金がかかる?
  • 空港で受け取れないのですがどうすればいい?
  • 必要なデータ容量はどれくらい?

接続は簡単?

接続は簡単です。スイッチを入れてパスワードを入れるだけ。

ほとんどのポケットWi-Fiは、次のステップで完了します。

  • 設定 → Wi-Fi → SSIDを選択 → パスワードを入力

SSIDは、ポケットWi-Fiが出すネットワークの名前(電波の名前)のこと。ポケットWi-Fiの側面か裏面に書いてあるのですぐにわかります。

パスワードも、本体か契約時の用紙などに書いてあります。設定は全く難しくありません!

Wi-Fiを使用していなくても料金がかかる?

レンタルしている期間は、Wi-Fiを使用していなくても(電源をOFFにしていても)料金が発生します

契約時に申請したレンタル日数をもとに金額が請求されるので、Wi-Fiを実際に使用したか使用しなかったかは関係ありません。

例えば、契約時に5日間3500円でレンタルした場合、2日間一切電源を入れていなかったとしても、5日間の金額が請求されます。

海外WiFiレンタルショップのみ業界初の電源を入れない日は通信料ゼロ円

空港で受取れない場合はどうすればいい?

空港で受取れない方は、自宅に郵送してもらいましょう。

多くのポケットWi-Fiでは自宅への郵送が無料です。それぞれの詳細は公式サイトで確認してみてください!

また、出発日の前日にお届けという場合が多いです。

ハワイでポケットWi-Fiを使う時の注意点

ワイキキビーチ西側

最後に、ハワイでポケットWi-Fiを使う時の注意点をご紹介しておきます。

スリ・置き引きに注意

ハワイは比較的安全と言われていますが、それでも外国人観光客を標的としたスリや置き引きが多い傾向があります。筆者も夜でしたがひったくりに遭いました。

開放的でリラックスできるハワイですが、街を歩く際はスリや置き引きに遭わないように注意する必要があります。

まず、お財布やスマホ、ポケットWi-Fiなど貴重品が入ったハンドバックやトートバックを片方の肩にかけて歩くのはおすすめしません。奪いやすい持ち方だとターゲットにされやすくなります。ウェストポーチか肩から斜めがけできるショルダーバッグが安心です。

また、背面にチャックがあるリュックなどのバッグは避けましょう。そして、手荷物を床に置いたり、席を確保するためにテーブルに置いて目を離すことも避けましょう。

それから、日本ではスマホを首から下げている人もいますが、海外ではとても危険なので注意しましょう。

スマホの設定に注意

ポケットWi-Fiをレンタルしたら、ハワイに到着する前に次の2点について設定を確認しましょう。

  • 機内では機内モードに
  • ローミングをOFFに

特にローミングの設定は要チェック。ポケットWi-Fiをレンタルしたのに、ローミングがオフになっておらず知らない間にローミング機能を使用していたなんてことも。海外ローミングは高額の請求になるので、絶対に確認しておきましょうね。

置く場所に注意

ポケットWi-Fiを利用する時は、置く場所にも気をつけましょう。

ポケットWi-Fiは高温と水に弱いため、ビーチに持って行く際はなるべく日陰に置き、水しぶきなどにも注意しましょう。また、ポケットWi-Fiは熱を帯びることがあり、直射日光の下でバッグの中に入れっぱなしも避けた方が良いです。

容量を考えて使用頻度に注意

ハワイでポケットWi-Fiを利用する際は、契約したデータ容量を超えないようにしましょう。データ容量を超過すると、Wi-Fiが利用できなくなったり、通信速度が著しく低下する可能性があります。

おおよそ1GBでできることは以下の通り。

1GBでできること
Google Map約3時間のナビ
LINE約20時間の通話
Skype約3時間のビデオ通話
YouTube約40分の動画視聴

毎日LINEやメールを少し使用する程度であれば、10日間の滞在でも1GBで十分かもしれません。

しかし、実際には地図アプリやSNSのチェックなど1GBでは足りないことがほとんど。普段の自分の使い方を思い返して、通信料が多いと感じる方は「無制限プラン」を利用するとハワイ現地でもストレスなくネットが使えるのでおすすめです。

まとめ

今回は、ハワイ旅行のおすすめレンタルWi-Fiを紹介しながら、利用する上での注意点などをお伝えしてきました。

おすすめのWi-Fi5選をもう1度確認しましょう。

ALOHA DATA → ハワイ最大手で最安値の有名レンタルWi-Fi

グローバルWiFi → ユーザーにとってとにかく使い勝手がいいレンタルWi-Fi

jetfi バッテリーの持ちが最強のレンタルWi-Fi

海外WiFiレンタルショップ → 使わない日は通信料無料でコストカットできるWi-Fi

エクスモバイル → 現地の回線を利用した高い通信品質が魅力のポケットWi-Fi

レンタルWi-Fiなら、日本と同じように外出先でサクサクスマホが使えて快適。スマホが使えないハワイ旅行なんて不便すぎますからね。

Wi-Fiがない環境で道に迷い困ってしまったという話をよく聞きますし、旅先では地図を見たりお店を調べたり、連れの方と連絡を取り合ったりとスマホが日本以上に活躍します。

レンタルWi-Fiの手続きは簡単で、5分もあれば完了。全く面倒臭くないのですぐに申込みをしてしまいましょう。

今回紹介したレンタルWi-Fiの公式サイトでは、早割や期間限定セールを実施しているので、損をしないように早めにチェックしてみてください!

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしておりますが、正確性および安全性を保証するものではありません。情報が古くなっている場合もございます。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただけますと幸いです。

  • URLをコピーしました!
CONTENTS