ハワイのヒルトン花火|ショーの時間とおすすめ観覧スポット3選

ハワイ・ヒルトンの花火

ハワイの毎週金曜日の楽しみと言えば、ヒルトンの打ち上げ花火!

ハワイの金曜日、いわゆる「アロハフライデー」には、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのレインボータワー前から花火が打ち上げられ、観光客もロコも楽しめるイベントとして名物になっています。

毎週金曜日の午後8:00(冬季は午後7時45分)から、5分間の打ち上げ花火。時間は短いのですが、ビーチ、ホテル、お家など、それぞれ好きな場所から楽しめます。

今回の記事では、金曜日のイベントであるヒルトンの花火について、開催時間と見るのにおすすめのスポット3選をご紹介。

ハワイ旅行を予定している方で、ちょうど金曜日に滞在が重なる方は必見です!

CONTENTS

ハワイ・ヒルトン花火の開催時間

毎週金曜日にヒルトン・ハワイアン・ビレッジから打ち上がる花火は、名物として観光客やロコが楽しみにしているイベント。

開始時間は季節によって若干異なります。サンセットが遅い夏期(6〜8月)は午後8時頃から、冬季(9〜5月)は午後7時45分頃からです。

夏期 (6〜8月):午後8時頃〜
冬季 (9〜5月):午後7時45分頃〜

5分間という短い時間ですが、ビーチやパークでスナックを食べながら見たり、ホテルのベランダからゆったりと見たりして楽しむことができます。

ハワイ・ヒルトンの花火を見る場所おすすめ3選

そんな大人気のヒルトンの打ち上げ花火ですが、見る場所としておすすめのスポットを3つご紹介していきます。

もちろん、滞在しているホテルのお部屋からゆっくり見るのもいいですが、ホテルのお部屋から見れない方やせっかくなら外で楽しみたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

デューク・カハナモク・ビーチ

デューク・カハナモク・ビーチ

まず最初におすすめなのは、花火が打ち上がるヒルトンのレインボータワーのほど近くに位置する「デューク・カハナモク・ビーチ」。

距離がかなり近いので、迫力満点の花火の壮大な光景と体中に広がる振動や音を感じることができます。花火を遮るような障害物がほとんどないため、ビーチに寝転びならがゆったりと花火を楽しむことも可能。

バスタオルやゴザを敷いて、サンセット前からスナックを持ち寄ってピクニックをしながら見るのがおすすめです。

アトランティス・サブマリンの船が出航する桟橋あたりは混み合うことがありますが、それ以外はそこまで混まないので広いスペースを確保できますよ。

また、花火が終わった後の帰り道も、ホテルやレストランの明かりがあるので安心。ワイキキに帰る時は、街中にでるよりも次に紹介するフォート・デ・ルッシー・ビーチパークの方に向かってビーチ沿いを歩いて帰れば近道に。

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしておりますが、正確性および安全性を保証するものではありません。情報が古くなっている場合もございます。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただけますと幸いです。

  • URLをコピーしました!
CONTENTS